くしだ真吾の活動日誌

日本共産党とワカモノパワーのリンクで政治をかえたい、日本をかえたいとおもってがんばっています。
国の暴走政治に対決し、国民を守る政策を提案し、実現します。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    ワカモノと日本共産党綱領を学ぶ
    0
      今日は、一緒に活動しているワカモノ(日本共産党東三青年支部・民青同盟東三地区委員会)の皆さんと日本共産党綱領を学びました。

      この講座は数ヶ月に一回程度開催しているもので、season2(第2期)です。
      講師は、日本共産党東三地区委員会の地区委員長の稲生さん。
      だから、いのゼミと名付けられています。






      season2の最終講義となった今回は
      テーマは「日本共産党が目指す、社会主義・共産主義」です。綱領では第5章。
      日本の資本主義の枠内で、アメリカ言いなり・大企業優先の政治を切り替えて
      民主主義革命を実現した後に進んで行く未来社会についてみんなで考えました。

      今、安保法制=戦争法の廃止・憲法に基づく政治を進めるなどの一致点で
      共産党を含んだ野党が共闘しています。
      共産党は戦争法廃止の国民連合政府も提案しています。

      この動きが、進んでいけば、民主連合政府も夢ではないし
      その先の未来社会を展望していけるなあと思っている時の
      ナイスなテーマでした。

      18歳の高校生の感想を紹介します(↓)

      今、働いている人たちは、疲れている。
      でも、今日の講義を聞いて、「搾取され、働くことに疲れる毎日に終わりが来て、
      自分の時間が増え、大切にできる社会が来る」ことを知り、驚きました。
      資本主義の次に来る未来社会がどんなものかまだ、わからないけど、日本共産党の綱領の方向で
      実現したら、とても、人間らしい世界になると思いました。
      | ワカモノ | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      JCP magazine
      0


        話題のJCP magazine。  プレスリリースした動画です。

        豊橋駅前でも、ワカモノが手にとってくれています。

        日本共産党って、よく知らない
        政治のことはよくわからない
        でも、選挙もあるし、真面目に考えたいし、勉強したい

        そんなみなさんと一緒に読みたい一冊です
        私の事務所(日本共産党東三地区委員会 0532-54-8215)でも扱っています。
        | ワカモノ | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
        19歳の作文
        0
          毎週金曜日は、若者が事務所に集まってきてミィーティングをします。
          今週は、18歳と19歳の定時制高校生・20歳の介護スタッフ・大学院生などが集まってきました。

          Cくんは学校で書いた作文を持ってきてくれました。
          総合的な学習という教科で、あつかったテーマの中から印象に残ったものを選んで書いたそうです。

          彼が選んだテーマは「憲法」。中でも「憲法9条と選挙権について」でした。その作文をみんなに読んで聞かせてくれました。

          「選挙権が18歳からになったことは、高校生や大学生も政治について、学んだり考えたりできるのでいいと思います」
          「さらに高校生も自分の思いを持ち、政治を変える力になれることもできます」
          「日本は原爆投下された世界で最初の国で、最後の国にならなければいけないと思います」
          「憲法9条があるから、僕たちは戦争という危険から守られていると思います」
          「日本が経験した原爆や戦争の苦痛を、他の国に与えてはいけない」
          「憎しみが生まれても、どちらかが止めなければ戦争は無くならない」
          「憲法9条は大切」
          「選挙権を大切に生かして、平和を求めて生きて生きたいです」




          18歳選挙権は、確かに若者の社会・政治参加を広げていると感じました。
          そして、主権者として自分たちで考え、選択し、政治を動かし未来をつくっていく芽が育っていると感じます。

          一緒に頑張っている若い仲間、出会ってきた若者、さらに、まだ出会ったことない若者たちには
          日本の政治を動かす無限の力がある!

           
          | ワカモノ | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP